1: 名無しのニュー速クオリティさん 2020/02/12(水) 23:43:55

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2002/12/news102.html
スタッフの業務効率化に向け、商品棚だけでなく、ポットやウオーターサーバの下にもIoTはかりを設置。商品在庫が少なくなった場合や、お湯と飲料水が減ってきた場合などに、業務用端末に自動でアラートを発する仕組みにした。

商品と水の重さの集計、決済の処理と管理、カメラやセンサーと連動した待ち時間の計測――などのシステム基盤には、Microsoft Azureベースの小売業向けソリューション「Smart Store」を採用。店舗内にオンプレミス型のサーバを持ち込む場合と比べ、手間とコストを大幅に削減した。

「ブラーバジェット m6」が各座席に1台ずつ備わっており、食後は自動で掃除する

ポットの下は“IoTはかり”になっている


引用元: https://girlschannel.net/topics/2577587/

続きを読む

Source: ニュー速クオリティ

おすすめの記事