1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2019/07/14(日) 00:23:49.88 ID:OgexssSz9.net
2019年7月13日 23:08 
【7月13日 AFP】エスワティニ(旧スワジランド)政府は、今週末に開かれる予定だった、呪術医たちがその技術を競う大会の開催を禁止した。主催者は、同国第2の都市マンジーニ(Manzini)で大会を開催する予定だったという。

 アフリカ南部の内陸国エスワティニは、国王ムスワティ3世(Mswati III)が統治する、世界でも数少ない絶対王政国家の一つ。

 政府報道官は、「企画されていた魔術や呪文を競う大会は、国内で前例がなく、エスワティニ国民の生活にとって異常なものと考えられる」と説明。「政府はこうした性質の大会を認可しない。魔術に関連した活動に固執する者は皆、法の重大な威力に直面することになる」と述べた。

 政府は9日の発表で、1889年施行の「魔術法」では、魔術や魔法、まじないの実践が処罰対象の違反行為と規定されていると指摘。「政府は、この国の人々、特に子どもたちの精神に害悪をもたらす可能性のある、違法で異様な慣行に国民の生活がさらされるのを座視できない」とした。

 その一方、10日付のタイムズ・オブ・スワジランド(Times of Swaziland)紙は、1982年に死亡した国王ソブーザ2世(Sobhuza II)下であればこの大会は開催されていただろうとする、主催者の発言を掲載。この主催者は、「呪医たちが不必要に競い合うのを国王は懸念していたため、各自の力を披露できるように呪術医たちを1か所に集めていた」と指摘し、「私は、世界各地の伝統的な信仰治療師や呪医たち、また預言者たちと競争を繰り広げていた」と語ったという。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3235063?act=all

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1563031429/

続きを読む

Source: ニュー速クオリティ

おすすめの記事